けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

完全人工肉の安全性を米食品医薬品局(FDA)が太鼓判を押したってよ

f:id:ren_qeddeshet:20190110185816j:plain
どうも、一昨日さんざん焼肉食ったのに人工肉食べてみたいとか思ってる
REN(@REN_QDST)です。



人工肉ハンバーガーってすごい。
植物由来の「肉」で、実質的に肉じゃないのに、味や見た目とかそのまんま牛肉という人工肉が発売されたんですけど、米食品医薬品局(FDA)が「何も懸案はない」として“お墨付き”を与えたらしいです。

すごいっすね、これ。
大豆が畑のお肉です的な言葉がリアルになるっていうやつです。
アメリカスタートで人工肉を使ったハンバーガー「インポッシブル・バーガー」の販売が拡大していて、生産会社のインポッシブル・フーズは2035年までに獣肉を置き換えると言っています。

この「人工肉」ってなんやねんって話ですが、
・完全に植物由来の「肉」
・ビーフの味と香りがする
・肉からは血まで滴り落ちる
ってこれ完全に肉やんって感じですが、獣などの肉は不使用。

じゃあ何からできてんのって言うと、大豆です。
大豆の根から入手できる大豆レグヘモグロビンたんぱく質に、必要な遺伝子をある酵母に組み込んだことによって出来たそうです。
改変された酵母によって、血液や筋肉にも存在しているヘム(金属のような味がする物質である)の野菜版ができるようになったとのこと。

で、この人工肉ですが、米食品医薬品局(FDA)が、18年7月23日に「安全」と太鼓判を押したんですね。インポッシブル・バーガーに含まれる「大豆レグヘモグロビンが健康に悪影響を及ぼさない」ことをFDAが証明したんです。

この結果を受けて、インポッシブル・フーズは品の流通において2035年までに、獣肉をすべて人工肉に置き換えることを目標にするとしています。
牛以外も豚も鳥も全部人工にするっていってるんですね。

僕が年老いた頃には人工肉を食べるのが当たり前になってて獣肉喰ったことある僕らがレアな存在になってたりするのかな。
クジラ肉を当たり前に食べていた世代と、そうでない世代ができたように。

人工肉だったら、宗教上の理由などで肉が食べれない人も肉が食べれるようになるし、ビーガン(ヴィーガン)とかとの揉め事もなくなるんじゃないでしょうか。

15年後くらいには僕らも人工肉食べれるようになるんでしょうかねー。
SFみたいですごいね。



参考サイト:米国発の人工肉は、当局の“お墨付き”を得て世界を目指す:インポッシブル・バーガーの挑戦 https://wired.jp/2018/08/23/major-victory-impossible-burger/

↓よかったらフォロー&RTしてね↓