けでしゅと・れんの戯れ言

QEDDESHETのボーカル、RENのブログ。バンド運営のノウハウやテクノロジーに関することなどさまざま。

匿名でしか批判や誹謗中傷ができない人は『自分が糞ダサい』ってことを自覚している。

こんにちは。年末の鼻風邪から一向に回復する気配がないREN(@REN_QDST)です。

タイトルの通りなんですけども、匿名でしか批判や誹謗中傷を書けないってのは、書いてる人自身「自分がダサい事をしている」という自覚はあるんですよね。

例えば、自分の信念や正当な事言ってるなら、ちゃんと名乗って自分の意見として書くでしょうからね。こんな風に自分のブログなりTwitterで。



そもそもなんで匿名でしか書けないかという理由は、単純に「バレるとまずい」わけなんですね。
めっちゃ当たり前ですけど。

で、これを細かく言い換えると、家族なり周囲の友人なりフォロワーなり恋人なりに、自分がそんな誹謗中傷を書いてることがバレると、自分の評価が下がって蔑まれる事を理解しているんですね。

だから、匿名でしか言えないんです。

自分が誹謗中傷してるのがバレるとまずい→匿名で書く…

それはつまり、自分が糞ダサいって事をわかってるんですよね。

そうじゃないなら、実名で凸ると思いますし。
そこに自分の正義と信念があるのならね。

バレなきゃいいって思ってるから、匿名で書くんだと思います。
確かに、匿名だと確かにバレないかもしれないですね。
でも、「自分がダサい事してる」っていうのを"自分"にはバレてます。

匿名でしか誹謗中傷できない、相手には隠れてでしかモノが言えない。
そんなダサい自分を、自分は知っています。
一生主役にはなれない、モブキャラにしかなれないことを自分で分かってしまうんですね。
あとは、まあバレないって思ってても普通に訴訟起こされるとバレますからね。
最近はどんどん訴訟起こして賠償命令とかも出てますしね。確か中学生を匿名ブログで中傷しまくった66歳の男性に侮辱罪が成立してたんじゃなかったっけ。

こういうの、今後はどんどん増えていくだろうね。
ストレス解消でやってるのかもしれないけど、ストレス解消で訴訟リスク背負うのはコスパ悪すぎるなーと。

どうせならそんな時間も自分のために使えばいいんじゃないのかなーって思いますけどねー。
そんなものに時間費やすより、本読んだり漫画読んだり映画見たりするほうが断然コスパ良いと思いますよ。

今家で楽しめるツールなんていくらでもあるんだし、AmazonプライムとかHuluとかサブスクリプションツールも豊富だしね。
誹謗中傷に勤しんでいる人は、他人に時間使うんじゃなくて、自分のために時間使ってみてはいかがでしょうか。

↓よかったらフォロー&RTしてね↓