けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

ライブハウスって勝手に撮影していいの?

f:id:ren_qeddeshet:20190121180956j:plainこんにちは。ライブハウスブログにならないように気をつけたいREN(@REN_QDST)です。
今回はお客さん視点のお話です。ライブハウスの撮影等について記載したいと思います。ライブハウス慣れしている人はわかってると思うので大丈夫だと思いますが、判断つかない人も多いと思うので、アーティスト視点での考え、理由を記事にしてみました。


勝手に撮影していいのか?

Twitter等でライブハウスの写真や動画などをよく見かけますが、こういうのって勝手に撮っていいものなのかどうか、判断がつきにくい場合が多いですよね。
むしろ、勝手に撮っていいものだと思ってる人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ケースバイケースです。
撮影OKのイベントもあれば、撮影NGのイベントもあります。
でも、イベントで撮影OKだからといって、全アーティスト撮影してOKとは限りません。ここが難しいとこですよね。イベントではOKでも、撮影自体がNGのアーティストさんもいるので、ここらへんがトラブルが勃発しやすいポイントでもあります。
そういうトラブルが面倒で、撮影自体をNGにしてしまうイベント/ライブハウスなんかも多いですね。

割とジャンルで判別できる

イベントの撮影可否については、結構ジャンルによって判別できます。撮影OKなケースが多いジャンル、NGなケースをそれぞれ見ていきましょう。

撮影OKなケースが多いイベント

  • オールジャンル系
  • ラウドやメタル系
  • ロック/エモ系

撮影NGなケースが多いイベント

  • V系
  • アイドル
  • 女性ボーカル/ギャルバン系のイベント

大きく分けると、こんな感じで判別できます。
なので、これ系のイベントは撮影だいたいOKだろうな、撮影NGだろうなっていうのをおおよそイベントの方向性から判断できたりします。
しっかりメイクをしていたり、チェキ販売を行っていたりするアーティストのイベントは撮影NGなものが多いです。逆に、ほぼ私服でステージに上がるようなジャンルは撮影OKなケースが多いかと思われます。

撮影NGな理由ってなに?

「こっちはチケ代払ってんのになんで自由に撮れねーんだよ」みたいな声が聞こえてきそうですが、撮影NGな理由とはなんでしょうか?アーティスト視点とイベント視点でそれぞれ見ていきましょう。(ライブハウス規模の話)

アーティスト視点

アーティストやバンドによりけりですが、多くは「不完全なものをネットに上げられるのが嫌だ」という理由が多いのではないでしょうか。
アーティスト視点でいうと、ライブ中ってあんまりキメ顔とか作れないし、必死なとこが多いんですよね。そのため、割と写真写りが悪いんです。むっちゃブスになるというか。笑
僕も顔歪みまくってますからね。正直ひどい顔が多いんです。それを勝手に上げられると困るんですね。笑

あと、ライブの写真撮影って技術が要るんですね。もちろん、機材も一眼クラスのカメラでないとちゃんと撮れない。デジカメでもダメ。スマホのでもしっかり綺麗には撮れないです。
なので、ちゃんとした機材を持ってて腕もあるカメラマンに撮ってほしいと願うアーティストが多いんんですね。そういった腕+機材がしっかりしているカメラマンが撮りまくって、それでも使える良い写真ってほんとに数枚なんです。それだけライブ写真って難しいんですよ。
こういった理由で、自分が良し悪しを判断できない写真で、且つあんまり良い画質でないのを上げられるが嫌、というアーティストが多いんですね。


イベント視点

イベント視点で一括NGにしてしまう理由は、先ほども述べたように、アーティストごとにOKのラインとNGのラインが異なり、面倒なトラブルを避けるために一括でNGにしてしまいます。

例えば、イベントとしては撮影OKの中に撮影NGなアーティストが出演していた場合。
アーティスト側としてはTwitterなどで「イベントは撮影OKですがうちのバンドは撮影NGです」と告知していても、他のバンドやアーティストのファンは、それを見ているはずがなく、「あ、良いバンドじゃん」みたいなノリで軽く撮ってしまい、SNSに上げてしまうケースが多いんですね。

そういった場合、トラブルになります。主催側としても、そういうトラブルを避けたいので、一括でNGにしてしまうのです。V系箱なんかはライブハウスで一括で撮影禁止にしているところも多いですね。

写真撮りたいんだけどどうすればいいの?

この疑問に至っては簡単で、もうアーティストに直で訊いてしまうのが良いでしょう。問い合わせやTwitterで聴いても応えてくれることが多いです。ちなみにうちのバンドは撮影OK、NGのイベントともに出ることが多いですが、「撮影OKなイベントならOK、NGなイベントならNG」という感じで、イベントの撮影可否に従う形にしています。

バンドそれぞれでスタンスが違うので、問い合わせてみるのが安牌です。ちょくちょくバンド側から「また勝手に写真撮ってるやついる!」みたいな怒りの声も聞くので、確認必須。
まあ、アーティスト側の本音としては、写真撮らずにしっかり見ててほしいってのが第一にありますしね。
今日はそんな感じライブ写真の撮影についてでした!

↓よかったらフォロー&RTしてね↓