けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

個人的に出演したくない都内ライブハウス3選

f:id:ren_qeddeshet:20190121180956j:plain
こんにちは。冒頭が浮かばないREN(@REN_QDST)です。
今回は個人的に出演したくない都内のライブハウスを3選。がっつり名前出すと色々アレなので、イニシャルで記載しますね。
出たくないなぁと思った理由と、実際にあったことなんかをつらつらと記載します。また、そういった箱には共通する特徴があるので、その気付きにも触れていこうかなと思っています。バンドさん方は出演する際の参考にして頂ければと思います。


個人的に出たくない箱3選

僕が個人的に出演したくないライブハウスは以下の3つ。

  • 新宿HP
  • 池袋C
  • 恵比寿A

それぞれ記載していきますね。
ちなみに動画でも話してるので、動画が良い方はこちらをご覧ください。

個人的に出演したくないライブハウス3選

新宿HP

当バンドのメンバー全員が出演を拒否しているライブハウスです。スタッフ陣が変わる2014年以前はとてもよかったのですが、スタッフ変わって以降は最悪ですね。以下、理由です。
機材がやばい
機材の手入れが行われていない。大学の軽音サークルに常設してある機材レベルの機材しか置いていないです(2017年時点)。
2017年の6月くらいに出演して、もう二度とでねーわ!ってなったんですけども、まず、ドラムセットがぶっ壊れている。リハ時点でフロアタムの足がぶっ壊れていて、外注PAが直そうと頑張るも、直せなかったときの言葉

外注PA「フロアタムなしでリハやって下さい」
ぼくたち「!?!?!?!?!?!」

いやいや、フロアタムなしでリハやっても本番フロアタムあるならドラム全体の音のバランス変わるから!!つーかそれリハする意味ないから!!てかフロアタム使うフレーズどうすんだよバカなの!?!?

その後、応急処置でフロアタムを直すも、足が完全にぶっ壊れているので、応急処置で完治するわけもなく、演奏中にフロアタムが自動で傾いていくという有り様。大半の出演者のドラムさんは右膝でフロアタムを支えながら演奏するという大変テクニカルな技を使う羽目になるか、フロアタムを使わないフレーズに変えるか極力優しく叩くという仕様に。

で、機材系の問題はドラムだけではありません。同期使うバンドが全部トラブり、ベースアンプから音が出なくなること多数。
結果、当日トリで21:00から出演予定だった我々がステージに立った時間は、なんと22:45でした。笑
終演したの23:15。深夜イベントのトッパーの時間帯ですね。
結果、当バンドのTERUさんは終電を逃し、漫画喫茶で一夜を明かすことになりました。これ宿泊費請求してもよかったんじゃないか。笑

付け加えると、マーシャルも音は出てたけどJC以上に音がスカスカだった。へたりまくってる。
さすがに今は改善されてるかもしれませんが、こういう事があるとその箱には出れないですよねー。というかTERUさんを説得するのが無理です。うちをHPに誘う場合は条件云々ではなくTERUさんを説得してください(リアルに)。

池袋C

こちらも当バンドのメンバー全員から出演NGが出ている箱。
こちらは機材もさることながら、店長さんの人間性が主な理由ですね。なんであんなに上から目線なの?スタッフの服装チェックでNG出てスタッフパス出せませんって何。笑
スタッフいなくて大変困ることになりましたね。

あとは、タイムテーブルが巻きまくってて、主催バンドさんから「ゆっくり転換してもらっていいですよ、20分くらいかけても大丈夫です」って言われたので、のんびり転換してたらめっちゃ怒られるという。結果、10分で転換してもっと巻くことになる。笑

主催者に許可もらってるんですけどって言ってもまー聞く耳を持たない店長さん。そりゃスケジュールスカスカだわ系列店閉店させることになるわって感じになるのも仕方ないのかなって思いますね。

あと、機材費4000円とか5000円ってなに。笑
しかも音もこもこして抜け悪すぎるアンプでこのお値段。ひどい。ドラムセット細かくバラで請求してきたりアンプキャビとヘッドで別々に請求って意味わかんないし。機材費節約のためドラムセットとキャビとヘッド全部持ち込んでイベント進行でめっちゃ困らせたろか?ああん??

明らかに機材持ち込まれるほうが箱的にデメリット多いのをなぜ理解できない…。

あとねー、バイト雇えないくらい財政難なのはわかるけど、受け付けスタッフとドリンカーが兼任ってどう考えてもやばいでしょ。割と距離あるのに。ドリンク交換できないってクレームがなぜかバンドのほうに来る。知らんがな。笑

ここでは何回かライブさせてもらいましたが、一度も気持ちよくライブできたことがないですね。毎回嫌な気持ちにさせられてました。こちらの箱にお誘いいただくのも、対バンのメンツや条件面ではなく、僕の代わりにメンバーを説得して下さい。僕ではメンバーを説得できません。笑

恵比寿A

こちらは出演NGではないけども、極力出たくないって箱ですかね…。理由は、同じく機材面ですね。
あとは、専属なのか外注なのかわからないPAさん(少なくとも僕が関わった時は毎回同じ)があまりにも使えなさ過ぎて、イライラが絶頂。というか、ここも毎回機材トラブってましたね。
出演したときもアンプの音出なかったり、見に行った時はドラムのハイハットスタンドが壊れて演奏不可になったり。
ハイハットスタンドが壊れた際が悲惨で、1時間押ししたんじゃなかったかな。
PAさん「直します!」
→1時間経つも直せない。尚、当日はソールドイベントだったので、お客さんは暑さと息苦しさでもだえ苦しむ羽目に。
結局、もう無理、ということになって、スタジオNOAHからハイハットスタンドを借りに行く羽目になるという。
音も本番とリハで全く異なるってこともあって、何のためにリハしたん?となることもしばしば。

これらの箱の共通点

こちらのニーズに合っていないだけかもしれませんが、こういった箱には共通している事柄がいくつかあります。
・機材のメンテナンス皆無
・仕切ってる人間が糞
それぞれ見ていきましょう。

機材のメンテナンス皆無

まず、機材の管理・手入れがなされていない点です。機材の手入れを日常的に行っていれば「この機材そろそろヤバイな」とスタッフさんが気付くはず。しかし、こういった箱は、基本的にPAさんは外注が基本となっていて、外注スタッフは手入れなどは基本しません。そのため、そういった壊れかけている機材に気付けない。
あとは、昨日いた外注スタッフさんと今日の外注スタッフさんは別人ということもあるので、全くそのあたりの伝達がなされていないのですね。なので、翌日のスタッフさんはいきなり故障などのトラブルに直面することになって、バンドや主催者からのクレームをその一身に受け、泣きながら修復作業をしています。可哀想すぎる。
せめて、調子が悪い機材などを気付いたら報告させるとか、そういったことをなぜしないのかがわからない。どうせオーナーや店長は自分で機材の手入れもメンテもしないんだから、最低限報告ぐらいさせればいいのに。ぶっ壊れてトラブルが生じるまで問題に気付けないっていう環境をなぜ変えようとしないのか。
ちなみに、現場スタッフが泣きながら問題を解決して乗り切っていることを知らないオーナーもいる。ていうか予備の部品やスタンドくらい用意しといてくれ。


仕切ってる人間が糞

これらの箱、仕切ってる人間が大体自分のことしか考えてない糞が多いと思います。総じて上から目線で昭和的な偉そうな態度取ってる人ばかり。

というか、人柄がいい店長・オーナーさんの箱でこういうヤバイ箱ってみたことないんですよね。
それは、バンドやアーティストがちゃんと演奏しやすい環境を作ることが、箱にとって一番の利益になることを知っているからです。だから、機材のメンテナンスはもちろん、気持ちよく演奏できるように、アーティストへの愛想も良い。ライブハウスのオーナーが殿様でいれる時代は当の昔に終演しています。
そういったことに気付かず、昭和で居続けると、ちょっとずつ飢えていくだけなのかなって思います。

出たいイベントに出れないこともある

これだけディスりまくっといてなんですけど、たまに出演したいなーというイベントはあるんですよ。仲良い人がイベント誘ってくれたり、メンツがよかったり。でも、僕個人が出たいと思っても、メンバーを説得できないんですね。

うちのバンドは、聴けばわかりますが、技術と演奏力を売りにしてるバンドです。なので、それらを発揮できない箱は出演を躊躇します。そこで無理矢理僕が説得して出演も不可能ではないですが、結局嫌な気持ちでライブをすることになるので、僕のメンバーからの信用が下がります。
そういった観点から、僕は無理をして出る必要はない、と結論付けて、お断りするケースが多いです。
なので、これらの箱で僕らを誘う場合は、僕じゃなくてメンバーを説得してほしい。笑

これはあくまでも僕たちの感想

散々問題視してますけど、あくまでも僕たちの感想に過ぎないっていうことを最後に言っておきます。演奏力ではなくノリや勢い重視のバンドならそんなに気にする必要がないと思いますし、殿様店長的な人が好き!っていう人を否定するつもりもありません。あくまでも参考程度に考えておいてください。
ただ、僕個人としては、都心はライブハウス過多なので、企業努力していない時代錯誤な箱はさっさと潰れればいいって思ってます。
ライブは僕たち演者が楽しめてないとお客さんも楽しめないと思います。みんなが楽しめる空間が一番ですよね。

↓よかったらフォロー&RTしてね↓