けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

損得勘定のみで動くと、最終的に孤独に辿り着く

寝る前に差したはずの目薬がどこにもなくて探し回っていると、ごみ箱の中に無残に捨てられていた当該目薬を発見したREN(@REN_QDST)です。
眠たすぎて頭の中ではポケットに入れたけど実際にはジーンズの横にあったゴミ箱にぶっこんでいたみたいなんだけど、眠たくてもそこは気付いてほしかった。


利己的に生きると、究極的に人間は1人になるのではないかな、と最近思っている次第。
なので、僕の最近の動向には、自分より他者を優先する傾向があります。



動画もブログもそう。自分の為なのかと言われれば自分の為なのだろうけども、正直言うと、間接的に自分の為にしたい、という感じ。動員や売り上げにはおよそ関係のないことばかりやっている し、じゃあこんな事をなんの為にやっているのかというと、だれかの利益になるかもしれないからです。

まだ動画を始めて2か月程度なのだし、影響力なんて皆無なのだけれども、嬉しかったことがあります。

それは"僕の知ってること"をただ発信しただけで、誰かを救えたこと。誰かの選択肢を増やせた、知らなかったことを知れたお陰で逃れられた、など。このへんは言葉で言ってもらえて、ようやく気付けることなのだけれどね。

これはまーじで嬉しい。

でも、僕は何も特別なことはしていないんですね。ただ"僕の知ってること"を話して発信しただけ。
そして、僕もまた、"誰かの知ってること"により、多く救われていることを自覚しています。

かのドイツの理論物理学者・アインシュタインはこう言いました。

「誰かのために生きてこそ、人生には価値がある」

たぶん、こういう事なんだろうなぁと思います。
発信方法はそれぞれ、動画であれ音楽であれ、SNSであれ、ブログであれ、音声であれ、なんでも構わないと思います。
僕の音楽は極端に物事を伝えにくいので、こうして他の手段を用いています。

ただ、最初から僕もこうだったわけではありません。
もっと利己的自分さえ良ければ~とは思っていませんでしたが、見ず知らずの人間が騙されてても知らんがなって感じでわざわざ教えてあげようという気にはなれていませんでした。
そして、周りにも利己的な人間が多かったですね。

それは若さ故なのかもしれないし、野心故なのかもしれない。

ただ、心のどこかでやはり人というのは誰かの役に立ちたいという欲求を持っているのだと思います。

日本はすぐになんでもかんでも「自分のことは自分でやれ」「自己責任」という言葉で片付けたがる傾向があって、学校教育時代にそれを刷り込まれます(だから会社員になれ的なね)。

でも、結局人生は自己完結なんて不可能です。
実際は、自分1人で人生のあらゆることをこなせる人なんて、この世に存在しません。

常に誰かの力を借り、知恵を与えてもらい、人は動けています。
見えないところでたくさんの人の関わりがあって、それが今の自分を形成してるんですね。

それを全部自分の手柄にしようとしてしまうと、残るのは自分1人になるんだと思います。

極論ですが、世の中のすべての人が自分の利益しか考えずに動いたら、損得勘定でしか繋がれない人間関係で満たされてしまいます。

バンドマン界隈は、割とこの損得勘定でしか繋がれない人、というのが多い感じがします。で、その損得勘定でしか繋がりを考えなかった人は、結局のところ、解散などで挫折すると、フェードアウトしていきます。

一方、"上"にいる人達は損得勘定ってあんまり持ってないんですよね。相手が無名であれ、丁寧に接して下さる方々ばかり。多分、そういう考え方でないと一定より上には行けないんだと思います。

そういう先輩方を見ていて、僕も自分が得たものはできるだけ周囲に配ってみようと思いました。



まあ、自己犠牲やりすぎて自滅するかもしれないけどね。
でも、その時はその時。たぶん後悔はしないと思います。おそらく、自分で望んでやっていることだと思うし。

まあ、僕が困った時に助けてくれる人は助けてくれるだろうし、当面困ることってそんなにないから、やれることやっていきます・

僕の周囲が全員win-winになるっていうのが僕の理想です。夢物語かもしれないですけどね。
いいじゃないの、夢くらい見たって。それを実現するためには、まずは僕が動かないと話にならないのです。

さあ、もうすぐ2019年の1/4が終わるけども、まだまだ頑張るよ。一緒に頑張りましょう。

↓よかったらフォロー&RTしてね↓