けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

時代遅れなバンド。そこから何を目指す?

f:id:ren_qeddeshet:20190404185305j:plain
先日のライブ前後からすっかりと睡眠不足が日常的に続くようになって生活リズムも壊れてしんどい感じなREN(@REN_QDST)です。こんにちは。

先日こんな動画を上げました。※別タブ等でバックグラウンド再生するとBGM代わりになります。
https://www.youtube.com/watch?v=PJM3f-CpAuwyoutu.be
この動画では、簡単に言うとバンドって今の時代しんどいよね、じゃあどうすればいいの?って話をしています。
(チャンネル登録してくれると喜ぶよ!!)
バンドが今の時代しんどいのは、おそらくバンドマンならみんな薄々感じていることなのではないかなと思います。

まず、大きく分けて2つぐらいしんどい理由があって、まずは前の記事で述べた通り、ライブに来るであろう年齢層の人口の分母が確実に減っている点。
www.renqeddeshet.com
既存のサクセスストーリーが通用しなくなって、どう駒を進めればいいかわからなくなっている。或いは、既存のサクセスストーリー通りに無理に進もうとして、自滅してしまう環境ですね。

もう1つは、上の動画で述べられている通り、コンテンツ制作速度で他ジャンルに勝てない点。アメリカではヒップホップやR&Bにストリーミング再生で大敗していて、国内だとアイドルに勝てません。
アイドルやラッパーは個人で配信のしやすいですが、バンドはメンバーが揃ってからコンテンツを作るので、コンテンツ作るにしても時間も金もかかります。量で勝負ができない。気軽に作り出せるコンテンツが極端に少ないっていう点も問題ですね。バンドが何かコンテンツを作ろうとすると、機材×費用×人材っていうのがどうしても必要になってしまうので。



例えば、毎月新曲を配信をしようと企画すると、まずはメンバー全員がRECしなきゃいけない。そうなると、お金がかかる。きゃりーぱみゅぱみゅさんやヒップホップ勢みたいに楽曲をDAWだけでは済ませられないっていうのもバンドはつらい。DAWだけで済ませたらバンドである必要性がないですしね。ここは折れてはいけないポイントだとも思います。

ただ、時代的にはコンテンツを量産して発表し続けなければならない状況なので、バンドは不利です。

そこでバンドで生き残るためには、どうすればいいか?を考えてみました。

まずは、生き残ることです。当たり前ですけど、これが最も重要。解散しないこと。
解散しなければ、自ずとコンテンツは増えていきます。年に発表するコンテンツ数が少なくても、毎年良質なコンテンツのみを発表していく。すると、良質なコンテンツのみがストックされていきます。

これからの音楽っていうのは、ストリーミング再生がメインとなっていきます。
「在庫を持たずにストックできる良質な資産を蓄積させること」がバンドの武器となるのかな、と思います。
結局のところ、量より質、で勝負しなければいけません。そうすると、やっぱり長く続けるしかないですね。長く生き残り、長く残る良質な作品を生み出し続ける。

で、長く残る良質な作品を作り続けるためには、とにかく赤字を出さないのも大切かなと思います。
赤字を出さないための活動指針・マネタイズ方法を考えないといけませんね。

先ほど別記事でも書きましたが、Canvathなんかも元手0からマネタイズできるので、こういうツールをどんどん使っていくべきだと思います。
www.renqeddeshet.com
時代遅れだからこそ、どうやって生き残っていくのか、生き残るにはどうすればいいのかっていうのを必死に考えて、時代に沿った生き方を変えていくしかない。
その選択肢のひとつになればと思って、僕は僕が仕入れた情報や考えなんかをブログや動画で発信していってます。

バンドという文化が僕は好きなので。バンドにしか出せないものがあって、バンドとソロプロジェクト+バックバンドでは全く存在も異なると思っていて。



あとは、こうしてバンドマンが音楽の本筋ではないところで、ライトなコンテンツを量産するとどうなるか?という自分を用いた人体実験を行っています。笑

僕はぶりりゅまブラザーズみたいにエンタメ動画撮れないので(まだ言ってる)、ひたすら真面目です。真面目に特化してどうなるのか、自分でもわからないのですけど、やってみている次第。笑

そんな僕の姿が反面教師でも構わないので、誰かの役に立ったらいいなと思っています。

↓よかったらフォロー&チャンネル登録してね↓

Twitter
REN👼QEDDESHET‎👼 (@REN_QDST) | Twitter
Youtube
www.youtube.com