けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

【少年革命家ゆたぼん】不登校でYoutuber活動をさせる行為・親は学校教育法の違反になるのでは?学校側が教育委員会に通知しているかどうかが鍵

f:id:ren_qeddeshet:20190508160918j:plain
どうも、炎上案件に潔く乗っかってみたREN(@REN_QDST)です。
この記事では、動画での内容の文字起こしと、ゆたぼんさんを救いたい!学校に通わせたい!通うべきだ!って謎の正義感を持ってる人に向けて、学校教育法に関する説明と、実際にあった中学生ネットアイドルの事例を紹介しています。

動画内容でだいたい話したこと

昨日こんな動画をあげました。
www.youtube.com
動画をいちいち聴きたくねーよって人のためにだいたい文字起こししました。削ってるとこもあります。法律のことだけ知りたい人は読み飛ばしてくださいね。
この動画を撮ったきっかけは自身のツイート。



これに関する意見は今も変わってなくて、小学生が自由意思で学校行くのやめて、自由意思でYoutube始めるっていうのも面白いと思います。
それに関して外野が「大人をバカにしている」って勝手に被害妄想感じて子供を批判しまくるのも頭おかしいし。実際Yahooニュースのコメント欄って糞コメにあふれているし、まあ読んでて何でそんなに他人の人生が気になるの?って思います。

このキレてる人たちのコメント見ていくと、担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意したってとこでまあ、切れてるんですよね。大人たちは。

「ルールや規則から逸脱する人がいても社会が成り立つのは、ルールや規則を頑張って守っている人たちがいるからだということに。この子の言う「ロボット」が、日本の社会を支えているということに。そういう人たちを見下さない大人に成長してほしい」

「YouTubeにアップする電力、著名人に会うたびに使う公共交通機関、安定して供給される食料など、全てあなたが言うロボットのような人間たちが作りあげているものです。」

僕はそもそも学校とは社会の歯車になるためになる人材を作り上げる機関だと思っているので、子供が「ロボットみたい」と素直に思う可能性はあるし、それはそれで良いんじゃないかなーと思っています。自分で思っていればね。※親の受け売りっていうのは後述



そもそもこの子が今後どんな人生歩もうが、正直僕らには何ら関係ないですし、この子がこんな事してたら将来生活保護を受給して~とか書いてあったけど、まだ受給してないし。今現代不正受給してる奴らのほうがよっぽど問題だと思ってますし。Youtubeしようが学校いってようが関係ないでしょ。

っと思う反面、

このゆたぼんさんのYoutube過去動画を色々見て思ったんだけど、この子の親がやばいww
これこの子の自由意思なのかと言うと、そうじゃない感じがやばい。ていうかこれ親の道具にされてる感じが凄いですね。

動画見てもらえたらわかるのですが、まずはこの話してる感じが自分の言葉じゃない感。
www.youtube.com
で、過去動画遡ったらもっとやばくて、『8歳がお年玉で仮想通貨してみた』とか言っていて、さすがにこれはあかんだろ、とw
過去動画遡ると気持ち悪さが露呈してきて、「親が最高にキモイ」という感想になりました。

で、これ親のこと調べてみたんですけど、詳しくはこちらをご参照ください。
entert.jyuusya-yoshiko.com
くっそ怪しいですよねwこれ。
心理カウンセラーのお父さん。なかむらゆきやさん。しかも、ゆたぼんくんの不登校理由も完全にお父さんの受け売り。これ、完全にお父さんの操り人形化してますよねー。

やばい。

僕は小学生がYoutuberやるのも全然いいと思うし、不登校も良いと思います。
いじめとかで学校に行くのが死ぬほど嫌で、苦痛になっているのなら行かなくていい。
他に代替できる教育機関はあるし、勉強できるのは学校だけじゃないから、学校以外で勉強すれば良いって思ってます。小学校で学んだことより塾とかで学んだことのほうが圧倒的に大きいですからね、僕も。

確か昨年世界で一番稼いだYoutuberも小学生とかだったので、小学生の感性で面白いことを追求してそれを大人が面白がって見てってのは全然アリですよね。

でも、このゆたぼんくんは違いますよね~…8歳でリップル買うとかビットコイン買うとかお年玉でザイフとか、絶対違うやん。ポルカでお金で集めましたとかって、絶対子供じゃないやん。

これはちょっとねー…。亀田兄弟を思い出しますね。まあ、彼らは世界チャンピオンになれたので結果的によかったのかもしれないですけども。



僕はまあ、善人ではないのでゆたぼんくんを救いたいとか思ってないのですし、好きなように活動すれば良いと思ってるんですけど、学校に行きたくない理由が自由意思によるものでないのなら、学校に行った方が良いのではないかなと思いますね…。

ちょっと親の傀儡化してるのが可哀想だなと思いますね。
例えば、ゆたぼん君がお父さんに「Youtuberなりたいから手伝って」と言って、お父さんが「ええで!」って感じで手伝ってるなら良いと思うんですけど、お父さんが自分の銭のネタにしてる気がしてならない…。

皆さんはどう思いますか?
僕からすれば必死でゆたぼんくん叩いてる大人もキモいしゆたぼんくんを銭稼ぎの道具にしてる親もキモい。
これが原因で他に子供のYoutuberが白い目で見られるのは嫌だなぁと思った次第です。他にいるのか知らないけども。笑



親が学校に行かせないことを問題視するなら学校教育法の問題

ここから動画より少し踏み込んでお話します。
おそらく大半の人が言っている「父親の虐待」「ちゃんと学校通わせろ」って話でいろんな人が謎な正義感を振りかざして発信していますが、親が学校に行かせない事を問題視しているなら、それを解決する法律がちゃんとあります。学校教育法です。

学校教育法17条(就学義務)
1 保護者は、この満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。
2 保護者は、子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を終了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う。
3 前2項の義務の履行の催促その他これらの義務の履行に関し必要な事項は、政令で定める。

で、この法律を履行するには学校教育法施行令21条を教育委員会がちゃんと出席の催促を行っている必要があります。

学校教育法施行令21条(教育委員会の行う出席の督促等)
市町村教育委員会の教育委員会は、前条の通知を受けたときその他当該市町村に住所を有する学齢児童又は学齢生徒の保護者が法(学校教育法のこと)第17条第1項又は第2項に規定する義務を怠っていると認められるときは、その保護者に対して、当該学齢児童又は学齢生徒の出席を督促しなければならない。

※前条の通知:「小中学校では、児童生徒が7日間続けて欠席の場合や出席状況が良好でない場合、保護者に正当な事由がないときは、校長が教育委員会に通知しなければならない。」

ゆたぼんくんの就学に関して一般人がどうこう言うのはお門違いなんですね。
校長が教育委員会に通知を出して、教育委員会が就学義務の履行を催促しないといけない。で、それにも関わらず出席させなかった場合は、学校教育法違反になる。

問題視すべきは、こういったゆたぼんくんの不登校に関して、学校や教育委員会が動いていたのか?という話。いい感じに地域を活性化させてくれるから、という名目で見過ごしていたのではないでしょうか。

ちなみに、中学生のネットアイドルを娘を母親が「芸能活動の意思を尊重」という名目で学校に通わせなかった事案では、母親が書類送検されています。
www.bengo4.com
ゆたぼんくんの事案はこの中学ネットアイドル事案と近いので、ちゃんと教育委員会が動いていればこれが成立するのではないかなと思います。

問題となるのは、ゆたぼんくんが「行きたい時は行ってる」ということから、校長が教育委員会に通知を出していなかった場合ですね。笑
田舎の教育委員会と学校のズブズブななあなあ主義は僕も中学の時に嫌というほど見ましたので、ありえますねー。あいつらほんとに仕事しないですからね。
おそらく、学校側がなんらかの対応を求められるようになるのではないかなと思います。

というわけで、「ゆたぼんくんに教育を受けさせたい!学校に通うべきだ!救いたい!!!」と叫んでいる人たちは、彼の通う学校に働きかけてみてはいかがでしょうか?

↓よかったらフォロー&チャンネル登録してね↓

Twitter
REN👼QEDDESHET‎👼 (@REN_QDST) | Twitter
Youtube
www.youtube.com