けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

身内がやらかして炎上した時の対処法

こんにちは。QEDDESHETのREN(@REN_QDST )です。
今回は、普段メインで投稿しているcocobから転載です。
www.cocob.app

こちらは6月25日に投稿した記事なので、結構前の話ですね。時事的にも若干古いものです。

僕の考えのほか、こういう感じの時事ネタも取り扱っているので、よかったらTwitterでフォローしてcocobのほうもチェックしてみて下さいね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


例えば、バンドやグループ、コンビなどで活動していると、そのメンバー内のうち誰かが何かしらやらかす時というのはありますのね。人間だもの。

一昔前は週刊誌とかで叩かれておしまいでしたが、このSNS社会では、ユーザーからの批判がダイレクトに届き、なおかつ炎上が拡大されます。

炎上によって活動終了を余儀なくされた人もいらっしゃいますよね。

で、そんな時に炎上をなるべく拡大させない為の方法ですが、まさしく昨夜ロンドンハーツの田村淳さんが取った手法ですね。

1番身近で1番の仲間だからこそ、1番ボロカスに殴って叱りつけまくる。

これに尽きます。

この1番近い仲間がブチ切れてとことん叱責することで、周囲の人は「まあまあ、そのへんにしときなよ…」と心情的にその炎上人のフォローに回らざるを得なくなり、炎上は徐々に鎮まります。

TOKIOが今も変わりなく活動を続けていられるのもまさしくこれですね。

これはネットだけでなく、昔からありましたよね。

例えば、息子がやらかして学校に親も呼び出された時に、全員が見てる前で息子を怒鳴り殴りつけるとか。これも、実は子供を守るための手法だったりします。漫画とかでよくあるシーンでしたね。あ、僕はそういうことされた経験はないです。

今回田村淳さんが取った行動も最善のもので、上手いなぁ、と思う次第なのでした。もちろん本音で、相方への愛、コンビへの愛があるからこそ出る言葉だとは思うんですけどね。

バンドやってらっしゃる方、グループで活動してらっしゃる方は、この対策方法として心に留めておくと良いかもしれません。



ちなみに当バンドでいうと、炎上しそうなのは圧倒的に僕なわけですけども(むしろ僕以外は炎上しなさそう)、メンバーが愛を持って僕を守るために叱ってくれるか?というと、

叱責どころかおそらく僕が大衆からボコボコにされていても我関せずで静観されそうなので、とにかく僕は炎上しないように気をつけたいと思います(白目)

↓よかったらフォローしてね↓

Twitter
REN👼QEDDESHET‎👼 (@REN_QDST) | Twitter
cocob
cocob