けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

なぜ今回発売のシングルではサブスク配信をしていないのか?~総サブスク時代に反旗を翻してみる~

f:id:ren_qeddeshet:20190913111249j:plain
こいつ思想濃すぎてヤバイなって思ってたやつと、思ってた以上に思想の話で意気投合してしまって、自分も十分ヤバイ奴だということが判明してしまったREN(@REN_QDST)です。こんにちは。
ギターのREOくんから「え…RENくんもそっち側の人だったの…」とガチで気持ち悪がられたのは忘れません。


さて、今回のシングルはサブスク配信しませんよ~とりあえず通販のみですよ~という話をしたら、さっそくYoutubeのコメント欄に『サブスク配信してくれ』って書かれていたので、こちらにてお応えさせて頂きますね。
少し長いので、最後まで読んで頂ければ幸いです。



結論から言うと、サブスク配信はマスマーケティング思考を優先しているプラットフォームなので、僕達のような少数派向けの音楽は、かなり割りに合ってないんです。
収益性があまりに悪いし、少数派向けの音楽でなお且つRECにもお金をかけてるバンド形態にこのプラットフォームを強制されると、バンドが続けられません。


大体、アルバムを配信するのに年間4500円程度、シングルは1曲1500円程度かかっています。これが費用です。
で、うちの場合は、『COCYTUS(アルバム)』『GREAF OF BRUNHILD(シングル)』『DARK HERO(シングル)』『RECAPTURE YOUR LIFE(シングル)』を配信しているので、
年間の配信コストが、1500×3+4500で、ちょうど年間9000円くらい。


で、うちの場合、サブスク配信だけの利益(ダウンロード販売は除く)が月500円~1200円程度です。振れ幅が結構月によって大きいですが、これくらい。※サブスクの利益は1再生1円前後
そう、割とサブスクでたくさん聴いてもらってるのに、バンドに入る利益って月500円~1200円なんですよ。ウケる。


まあ平均800円くらい利益があると仮定して、ストリーミング配信による利益は12か月で9600円。

うむ、年間でサブスクによる利益、わずか600円


もちろん、ダウンロード販売も行っているので、配信の収益はそちらから上げています。黒字化をダウンロード販売で賄って、サブスク配信による売り上げは、あくまでも"配信プラットフォームで楽曲を配信するためのコスト"を肩代わりしてくれるだけ。


これが実情です。
この売り上げで新しい音源・MV・その他グッズを製作できるわけがないですよね。サブスクが流行れば流行るほどダウンロード販売の売り上げ落ちるしね。


ちょうど先日の打ち上げでミックスをしてくれている齋藤さんと飲んでいてサブスクモデルの話になっていたのですが、『サブスクモデルは本当にバンド殺し。ここをバンドの音源市場としてしまうとバンドは死ぬ』という話をしていました。
それか、死なない代わりに、超絶低予算でチープな音源をリリースしまくって薄利多売で売り上げを上げるしかないですね。


でも、チープな音源出したら君たちどうせ文句言うでしょ?笑


サブスクのプラットフォームは、アイドルだったり、HIPHOPだったりという人達にとってはむちゃくちゃ強いツール
この人達の音源はDTMで全部作って、歌入れすればいいだけだから。とにかく曲作りまくって歌だけ入れてアップすればいい。なぜ海外でHIPHOP勢・国内でアイドル勢が強いかといえば、この音源に金掛けないで量産しまくる物量作戦ができるからです。
サブスクで強みを出す条件は、
・大衆ウケ
・大量生産できる
・楽曲製作にお金がかからない、
この3点。これがサブスク配信で費用を回収する条件です。まさしくマスマーケティング。


ただ、バンドはそうも言ってられない。お金かけないと評価してもらえないんですよね。


特に、うちのバンドは、現在、マスマーケティングとは真逆の方向に走っています。
とにかくマニアックなほうへ。一般の人が聴きたくないものを作る方向に行っています。


とにかく狭いところにボールをひたすら投げていて、聴く人を選んでいる。その人達の琴線に触れたらいいなと思って作っている。



で、今後そういう方向にうちのバンドはどんどんなっていくと思うので、もうこれの場合は配信の必要性はないのではないか、と思い至ったんですね。


00年代初期まで、音源の価値は1曲1000円ありました。
ダウンロード販売の時代になり、音楽は1曲300円の価値に下がりました。
そして、ストリーミング時代の今、1月1000円程度で聴き放題…もう、1曲1円の価値もありません。


あくまでもマスマーケティングの市場価値で戦うとなると、その1曲1円の価値観の中でやり繰りしないといけなくなります

でも、苦労して魂を注ぎ込んだ我が子の価値をね、勝手に市場に決められたくないんですよ、もう。なんで1円未満なんだよふざけんなよという話。

手間かけずに作られた作品と手間かけて作った作品を同列に扱われることに我慢がならない。


それなら、もう自分たちの曲の価格・価値は自分たちで決めてしまおう、というのが今回出した結論です。
それが今回サブスク配信をしなかった理由。


もし、本当にうちのバンドの音楽が好きなら、価値を感じてくれているなら、この音源買ってくれるでしょ?っていう、私の事好きならこれやってくれるよね?というメンヘラ糞女のやり口です(たぶん違う)。


そういう、僕達に特別な気持ちを持ってくれている人達だけが今回の2曲を聴いてもらえればいいかな、と思っています。
サブスクじゃなきゃ聴かない~って言う人は、今配信されてる楽曲で満たして下さい。ごめんね。
でも、多分他のバンドとかもいずれはサブスクしてる曲は一部(軽いファン向け)で、真のファンはこっちで聴いてね、みたいな誘導に走ると思います。そうしないと生きていけないから。

まあ、あくまでも今回のDISRUPTIVE FAITHとSKLAVEのシングルは"音源だけに価値を感じてもらえるのかどうか"という、僕達の皆さんへの問いかけでもあります。


今の総サブスク時代の流れに反旗を翻してみよう、というね。
そっちに皆が流れてるなら、その逆へ行く
そんな魂こそ、本来メタラーが大事にしなければいけない思想だと、僕は思っていて。


だって、メタルはマイノリティのための音楽でしょ。
クラスのみんなが聴いてる楽曲が好きになれなかったから、『自分はこいつらと違う、一緒であってたまるか』と思って、そしてメタルはそんな僕達を救ってきた
だからね、マジョリティに反旗を翻さないといけないの。僕達は。

というわけで、こちらの通販サイトで今回の音源売ってます。
qeddeshet.booth.pm

ここでみんなが買ってくれたら、もっと良い音源作れます。アルバムだって作れるかもしれない。
うちが次にもっと良い作品を出すためにも、おねしゃす!!

↓よかったらフォロー&チャンネル登録してね↓

Twitter
REN👼QEDDESHET‎👼 (@REN_QDST) | Twitter
cocob(メインブログ)
REN👼QEDDESHET‎👼 | cocob