けでしゅと・れんの戯れ言

現役バンドマンによるバンド運営のノウハウやテクノロジーに関すること、新しい情報の紹介ブログ兼QEDDESHETボーカルの個人ブログ

音楽系のフリーペーパー掲載はお金の無駄!掲載料の相場は2万円から5万円

f:id:ren_qeddeshet:20190321223907j:plain
こんにちは。アンチフリーペーパーなREN(@REN_QDST)です。
バンド活動をしていると、「フリーペーパーに掲載しませんか?」というお話がよく来ます。

たまにスタジオとかCDショップとかで見かけるあれですね。
フリーペーパー、あれ掲載するのって無料じゃないんですよ。当たり前だけど。
バンドとかからお金取って、掲載してあげるからお金頂戴ね、みたいな構造で成り立っています。

掲載料はフリーペーパーや掲載ページによりけりですが、大体2万円から5万円の中が相場でしょうか。
これを安いと思うか高いと思うかはそれぞれですが、僕は高いかなーと思います。
というか、はっきり言ってムダ金。
2020年を迎えるかどうかというこのご時世、もうバックトゥザフューチャーの未来編よりも5年も過ぎ去っているこのご時世に、雑誌掲載なんてほとんど価値がありません

もちろん、有名な雑誌なら別ですが、そもそも皆さんフリーペーパーってみますか?僕はたまにスタジオで時間つぶしするときとかにパラパラ見る程度で、ほとんど見ません。また、フリーペーパーでバンドを知って〜という人も見たことがありません。
お客さん視点だともっと見られないんじゃないかな。そもそもどこにおいてあるんだよ、みたいなレベルな気がします。
というかスマホでバンドやバンドの情報を探すことのほうが圧倒的に多い。

そもそも、雑誌って今ほとんど見られませんよね。紙媒体での情報は全てWEBで代用されています。
WEBなら動画も埋め込めるので、そのままMVも見れる。
音楽は紙よりもWEBとのほうが相性がいいです。インタビュー記事だって音声のインタビューのほうが絶対いいしね。



では、ユーザー視点でフリーペーパー含め紙媒体でバンドを初めて知った場合、どういった手順でバンドにたどり着くでしょうか。

紙で見る→気になるバンドを見つける→バンドをぐぐる→音源聴くためにYouTubeで検索する

という手順を取るかと思いますが、これって手間で邪魔くさいですよね。
このネット全盛のご時世では、「ひと手間増える」というものは、めんどくさがられてしまいます。

それなら、紙媒体っていらなくないですか?
有名な雑誌なら、実績にもなるので、まだ掲載価値があるかもしれません。
また、無料で掲載してもらえたり、掲載の料金が無料に等しいレベルで安かった場合は、載せてもらうのもアリでしょう。

しかし、有料で、かつ無名なフリーペーパーであるなら、わざわざ安くない掲載料を払って載せることに、僕は価値を感じません。

音楽系のフリーペーパーの掲載料の相場は、大体2万円から3万円なので、そのお金をMVのために費やすか、音源を作るかして発表して宣伝したほうが、よっぽどユーザーに届きやすいです。

お金に余裕があるならそういったものにリソースを割くのもアリですが、たぶんインディーズバンドはみんなお金に困ってますよね。
それなら、無駄な支出はとことん削るべきです。

どこにお金を使い、どこの支出を抑えるかを考えることで、よりバンドは続けられます。
フリーペーパーなんて基本的に搾取構造なので、お金を払う価値はないですね。

無駄を省いて、自分たちの作品や機材、レコーディング環境に費やすほうが良いでしょう。
宣伝は他媒体に依存するのではなく、自分たちでSNSを頑張ったほうが確実に届く層は増えますよ。

音楽業界に居座る悪い大人たちには搾取されないようにしましょう!

↓よかったらフォロー&RTしてね↓